FC2ブログ
スポンサー広告 > 「カミカゼ☆エクスプローラー!」プレイ日記~宇佐美 沙織ルート~
プレイ日記 > 「カミカゼ☆エクスプローラー!」プレイ日記~宇佐美 沙織ルート~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カミカゼ☆エクスプローラー!」プレイ日記~宇佐美 沙織ルート~

今週の平日はスポーツやったり焼肉に行ったりと、珍しく仕事以外で忙しかったせいで中々家に帰れず

結局、週末更新にズレ込んでしまいました。

忘れた・・・


実は、かなり期間が空いたことで少し不安がありまして・・・



内容は忘却の彼方へ

こんな・・・こんなはずじゃ・・・
・・・畜生ォ
持って行かれた・・・・・・!!内容を・・・!!


というわけで、ネタ画像でお茶を濁しつつ

現在進行形で必死にプレイ内容を思い出しております。

そんな不安に苛まれながらも「カミカゼ✩エクスプローラー!」プレイ日記最終回となります。

カミカゼ✩エクスプローラー

最初2キャラは普通に面白く、中盤2キャラはエロゲ枠。

そして、最後の一人は果たして・・・!?

*若干のネタバレがあるため、自己責任で続きを読むからどうぞ

【宇佐美 沙織 ルート】
アイキャッチ風5

トリを飾るのは、上杉軍の軍師。先輩キャラで

今回のヒロインは主人公と敵対する立場の風紀委員長。

部下は甘粕・柿崎の二名で、直江と鬼小島は居ませんでした。

委員長の名前は出ないものの、十中八九「上杉」で確定です。

最後にきて、これまでのヒロインとは一風変わった展開となりますが

幼児体型は・・・ちょっと・・・うーん・・・好きではない。

かといって、このゲームのボイン枠は量産型のように同じようなイメージなので

今のところ、パッと見の第一印象で良いな!ってキャラがいません。

しかし、内容勝負こそが「カミカゼエクスプローラー」の真髄であり、

プレイしていく毎に本作の絵柄は、これで良いんだ。むしろこれが良いんだ。と洗脳されていくような中毒性があり

どんどん魅力的に見えていくので不思議な感じです。

ビーストキングダム出身?

第一印象は髪の毛のボリュームとハネ具合が獣っぽい印象を連想される感じでした。

ビーストキングダム出身なのでしょうか?それとも獣ヶ原出身なのでしょうか?

そういえば昔のRPGは獣人キャラが他キャラよりも飛び抜けて圧倒的に強く

聖剣伝説3のケヴィンケヴィン


大怪獣物語のガロウガロウ


ブレスオブファイア3のレイレイ


この辺はティアリングサーガのナロン・ジーク並みにバランスブレイカーでしたね。

獣キャラは魔法が苦手なものの、MP枯渇の心配がない物理攻撃が高く桁外れなHP係数で

この内容を突き詰めるとラストリベリオンみたいなクソゲーが生まれるという法則。

それに対してFFはガウ・ウーマロ・仲間に通してもらえないネタキャラとか一線を画していました

キマリはちょっと・・・

で、話を戻しますと・・・

攻略対象の宇佐美 沙織は登場キャラの中でも珍しい、イドロイドと呼ばれる物体を駆使する召喚型メティスパサーで

メトロイドも造語っぽい

こういった細かい設定も解説が加わるのが、このゲームの良いところ。

作中に登場する名前の元ネタも丁寧に説明されるのは大変ありがたいです。

ちなみに任天堂のメトロイドは確か「地下鉄(メトロ)とアンドロイドを組み合わせた造語」で

ボーカロイドは「ボーカルとアンドロイドを組み合わせた造語」と、容易に想像がつきますね!

風雲拳・・・それは

やはりネタ×ネタを組み合わせて発展させたオリジナル設定は、分かる内容だと親近感も湧くし面白いですね!

これぞ設定の悪魔合体!設定の錬金術!

さぁ、そろそろプレイ中のSSを見返してたら、段々と内容も思い出してきましたよ!

先述したように、個別ルート開始から他ヒロインと違った展開になるだけでなく、

他キャラが持っていないメティス能力なので、能力説明も新鮮で解説や主人公の考察も面白く

メティス能力を数値化したMWI値が、メティス能力の強度に反映されるシーン等も分かりやすく

ここにきて新たに明かされる設定や、焦らされまくるヒロインのストーリーも気になって仕方がない!

最初のキャラをクリアした時点で、ある程度はストーリー展開が想像できてしまうものの・・・

最後の方の展開で、ちょっと緊張感が削がれる停滞感があるものの・・・

ラストの幕引きは期待を裏切らない面白さ!

ラストシーンは他キャラを「広く浅い壮大な展開」と表現するならば

今回は「狭く深い壮大な展開」で、どちらも爽快感はバッチリ!

イマイチ

イマイチ2

こんなヒロインは、いらんかったんや!すみません、言いすぎました。

とにかく、前回がイマイチだったせいで下がっていた株も持ち直しました。

グッド!

いいぞ、流石はカミカゼエクスプローラーだ!(でも個人的には祐天寺 美汐ルートが一番)

で、エロゲ的要素のHシーンについては

貧相体型なキャラはイマイチだろう・・・と高を括っていたものの、

またヒゲトニオは若返りそうになりました。

ドン引きするような内容で、くるくるパーなギャグ要素もあるものの、

ミサイルおっぱいじゃないので造形に違和感がない。

あらゆる意味で一番ヤバかったです。

【プレイ中のヒゲトニオ】
プレイ中のヒゲトニオ

自分の中に、そんなフェチズムは存在していなかったはずなのに・・・!

Hシーンが終わる⇒顔を洗う⇒一服する⇒ふぅ・・・危なかった。みたいな破壊力。

どうせなら学生時代にプレイしたかったなぁ!

クリア済4キャラの法則では「内容が面白い。Hシーンはイマイチ」か「内容がイマイチ。Hシーンはヤバイ」なのに

このキャラに関しては「どちらもヤバイ」が適用されるので、そういう意味ではバランスの良いキャラクターです。

今回でプレイ日記は終了となり、明日はレビューを更新する予定ですので

乞うご期待!
スポンサーサイト
[PR]


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。