FC2ブログ
スポンサー広告 > 2014年3月発売の新作エロゲチェック
新作エロゲチェック > 2014年3月発売の新作エロゲチェック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3月発売の新作エロゲチェック

【更新履歴】
3/16:4作品紹介
3/22:2作品紹介
3/23:2作品紹介
3/25:3作品紹介
3/31:近況報告のみ更新
4/02:1作品紹介
4/05:5作品紹介
4/12:4作品紹介
4/15:4作品紹介

【近況報告】
3/16:ダークソウルⅡを買ったのですが、なんかやる気が出ません。
3/22:やる気が出ないというのは、気のせいだったようです。
3/23:ErogameScape -エロゲー批評空間-様に一体何が・・・これでは記事が書けません。
3/25:今月は発売日に全て紹介できませんが、書ける内容だけでも更新していきます。
3/31:プライベートの旅行と出張が相まって、仕事が大変なことになっています。
   今週は続きを更新予定
4/02:なかなかブログを書く時間が取れません。
4/05:残り9本・・・なんとか終わらせます。
4/12:全然終わりません。
4/15:やっと終わりましたが、もう4月のチェックが待っています。

【2014年03月07日(金)】
ILLUSION:リアルプレイ

【2014年03月20日(木)】
SQUEEZ:炎の孕ませ乳(パイ)ドルマイ★スター学園Z

【2014年03月21日(金)】
Miel:人妻好きが透明人間になったら?~家庭内でヤリたい放題生ハメ孕ませ~

【2014年03月28日(金)】
INTERHEART:愛妹恋愛
NanaWind:ALIA’s CARNIVAL!
ハピエス:妹ヘヴン~お兄ちゃん大好きな妹たちと甘えまくり攻めまくりエッチ生活
天狐:英雄*戦姫GOLD
Rosebleu:Endless Dungeon
ANIM:虐襲5
牛乳戦車:くのいちが如く-脱がせ!爆乳ニンジャーズ!-
ALcot:Clover Day’s
PULLTOP LATTE:恋する夏のラストリゾート
心壊少女:黒鳥
裸足少女:3Ping Lovers!
ゆりんゆりん:その花びらにくちづけを 天使たちの約束
アトリエかぐや Gassa-Q:常夏姉妹サンド
ad:lib:ドコのドナタの感情経路(ルート)
戯画:バルドスカイゼロ2
暁WORKS:ハロー・レディ!
FLAT:ひこうき雲の向こう側
softhouse-seal GRANDEE:ももいろ性癖開放宣言!
ぱじゃまエクスタシー:らぶらぶらいふ~お嬢様7人とラブラブハーレム生活~
エレクトリップ:りとるドSびっち
脳内彼女:恋愛まで選択肢ひとつ
スワンアイ:私たち・花のオシオキ部!

合計25作品を紹介


2014年3月ノーバナー
タイトル:リアルプレイ
ブランド:ILLUSION
ジャンル:3Dリアルプレイゲーム
公式サイト:http://www.illusion.jp/preview/realplay/index.html
価格:¥9,240(税抜 ¥8,800)
予想得点:55点~65点
【ヒゲトニオ考察】
コンセプトは「ただひたすら、ヤって ヤって ヤって ヤりまくれ」という何の捻りもない内容ですが
作品HPを見てみると、Hシーン演出やら小道具やらが豊富に用意されており
なんといっても、ヒロインのキャラクタークリエイションが非常に細かく、Hシーン中の設定も妙に細かいです。

3Dというだけで容量を喰うのですが、エロゲに限らず3Dゲームにはクリエイション要素のある作品が多いですね。
この手の要素はプレイヤーの想像力と発想力次第で、無限に楽しめる要素なので
こういう要素を加えることで未来のクリエイターを生み出す、ステルストレーニングを実施しているのかもしれません。

個人的にDVD2枚という珍しい内容と、オリジナルシーンを作成できる「リアルスタジオ」という要素が非常に気になります。
こういった要素は、センスある投稿作品が生まれる可能性があり、
プレイヤーとブランドのコラボで面白い企画とか期待したいです。

【ブランド情報】
「ILLUSION」は、Jリーグが開幕してドーハの悲劇が生まれた1993年に設立された歴史あるブランドで
やはり3Dゲームに強い傾向ですが、2Dも開発しているようです。
気になるのは、「湾岸DREAM」というレース+エロゲという、常人では思いつかない組み合わせの作品で
ここのブランドの意欲的な姿勢は、とても評価できます。

【ライター情報】
情報なし



炎の孕ませ乳ドルマイ★スター学園Z
タイトル:炎の孕ませ乳(パイ)ドルマイ★スター学園Z
ブランド:SQUEEZ
ジャンル:?
公式サイト:http://squeez-soft.jp/soft/my_star/index.html
価格:8800円(本体価格)
予想得点:55点~65点
【ヒゲトニオ考察】
アイドルネタ作品で、作品HPは尋常ではない気合の入りようです。
ストーリーは、神話級の超プロデューサーの父と伝説級のスーパーアイドルの母を持つ
プロデューサー科の主人公が、アイドル科のヒロインを全員デビューさせる話らしいのですが
いまいちストーリーは期待できなさそうな、抜きゲーのようです。

ヒロインの中には、T157cm B120cm W60cm H88cmという、もはや人外なスタイルのヒロインがいたり
Sカップ・Vカップなど、ギネスでも狙っているのかと聞きたくなるような体型ばかりで
おっぱいだけで小学生ぐらいの大きさとか、アイドルを目指す前に病院に行ったほうが良いと思いますが・・・

他にもドンキホーテの店内のように、誤字・脱字まみれの「ごちゃごちゃ」した作品HPを見ていると

「奇襲エロレッスン・ボタン」やら「排卵日中出し券」やら「気持ちえ演歌(ええんか)?」など
読んでて頭が痛くなり、書いてて情けなくなってくる、痛快なテキストのノリが作品HP中に溢れており
もう許してください。

【ブランド情報】
酒に酔った勢いで書いたような作品HPを作り出した「SQUEEZ」は「炎の孕ませ」シリーズが有名で
抜きゲーブランドとして、安定した位置のようです。
中には、性に関するトリビアが豊富な作品もあり勉強になるらしいです。

【ライター情報】
伊藤海 氏:「SQUEEZ」の「炎の孕ませ」シリーズの定番メインライター
骸坊主 氏:「SQUEEZ」の「炎の孕ませ」シリーズの定番メインライター
原野伊瀬 氏:「SQUEEZ」の「炎の孕ませおっぱい乳同級生」から三作目になるメインライター



2014年3月ノーバナー
タイトル:人妻好きが透明人間になったら?~家庭内でヤリたい放題生ハメ孕ませ~
ブランド:Miel
ジャンル:アドベンチャー
公式サイト:http://www.miel-soft.com/toumeiduma_index.php
価格:ダウンロード版:1400円 パッケージ版:1900円
予想得点:40点~50点
【ヒゲトニオ考察】
驚きのプライスで発売される本作のヒロインは4人。
ということは、ダウンロート版の1400円/4人で計算すると、一人あたりの価値は350円の品質になり
ソーシャルゲームの課金ガチャ1回分強とか、安めの値段均一居酒屋だと一品料理とか生ビールと同等の価格になります。

ここまでコストをカットできる要因は何でしょうか。
過去作を見ていると、シナリオライター3人の作品は2415円で発売されているので
原画家・シナリオライターへの支払料で、ある程度は左右されそうですが・・・
ヒロインが1人~2人なら、原画家への支払料を抑えられるので分からなくもないですが
今作はロープライス作品なのに、フルプライスと同格の4人もヒロインが登場しており
この価格は安すぎる。

プロデューサーの交渉術なのか、何か特別な契約方法を編み出したのか・・・
うーん、これは何げに凄いブランドのようにも思えます。

ちなみに作品については特に書くことがありません。

【ブランド情報】
「Miel」は2009年から始まり、ロープライス抜きゲーを作り続け
今回で46作目となる作品ですが、評価は並~並以下の作品ばかりで
お手軽な分、クオリティーもご察しなようですが、それでも発売本数と開発ペースは絶好調で
今後も飽きるまで量産していくと思われます。

【ライター情報】
神鷹輝 氏:結構色々な作品を書いているフリーライター。読みづらいけどブログが面白かったです。



愛妹恋愛
タイトル:愛妹恋愛
ブランド:INTERHEART
ジャンル:妹属性アドベンチャー
公式サイト:http://www.interheart.co.jp/pcgame/imouto/
価格:6800円(税抜)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
一味違った"リアルな妹"を描いているらしく、「全ての妹好きユーザーのコレクションに・・・!」という謳い文句は
珍しく特定ユーザーに向けた、控えめながらも確かな自信が感じられます。

サンプルCGには一部のテキストも公開されており
「出す、出す、出す・・・・・・出すっ!」とか「飲む、飲む、飲む。でも、こぼれる、こぼれる、こぼれる・・・・・・!」とか
完全にギャグなんですが、これをマジでゲーム内のテキストとして発売するつもりでしょうか。

予約特典には、もはや同ブランドで定番の特典「"JK中出しディスク Season4"」が同封されており
シチュエーションドラマや、原画家のラフ絵、デジタルコンテンツが詰まった特典ディスクようです。

後は、ヒロイン紹介ページの誤字と助詞は、直したほうが良いと思います。

【ブランド情報】
「INTERHEART」はフルプライス作品やらミドルプライス作品が多く、
傾向としてはインモラル系が多い中堅抜きゲーブランドですが

「アパート経営AVG」やら「ティッシュ配りの作業ゲー」やら、
独特の感性によって生み出された謎の要素を含む作品も、数本発売されており、

前作の「ねえちゃん、もう出ちゃうよ! 」は、当ブログの【2013年下半期】新作発売後の評価まとめで
24位にランクインしており、意外とダークホースです。

【ライター情報】
嘘屋佐々木酒人 氏: 「Ciel」、「JANIS」、「スタジオカメ」、「汁・ザル」、「もーにんぐ」等々の作品のライターで
        「light」の「さかしき人にみるこころ」で企画・原案・メインライター



「ALIA's CARNIVAL!」情報ページ公開中!
タイトル:ALIA’s CARNIVAL!
ブランド:ナナウィンド
ジャンル:ちょっと不思議な学園恋愛ADV
公式サイト:http://nanawind.jp/product/prj02/
価格:初回限定版8,800円(税込9,240円)
予想得点:70点~80点
【サウンド】に注目!
【ヒゲトニオ考察】
桜の名所として有名な土地にある、「学生生活の改善は生徒が行いましょう」という
一見すると、教育放棄による究極のゆとり教育のような、実験的な教育制度を採用した学園で
主人公が助けたヒロインと、「ALIA」を目指すというストーリー。

「ALIA」とは学園最高の名誉ある称号らしいのですが、メインヒロイン以外は目指している説明がなく
キャラクター紹介では、サンプルCGではなく、ラフ絵が数枚用意されており
メインヒロインが友人Kイチオシのエロゲ声優「桐谷 華」で、どのヒロインもおっぱいがデカすぎて違和感があります。
後は、各ヒロインに3つの個性を明記しているのですが・・・

「梅干」が好きという、年寄りくさい味覚のヒロイン
「さんま丼」が好きという、トップクラスの才媛だけど特殊な味覚のヒロイン
「梨・飴玉」が好きという、秀才だけど幼児レベルな味覚のヒロイン
好物が普通で面白みがない、ストーカーみたいな妹
「炒飯」が好きという、一人暮らしの学生みたいな味覚のヒロイン

全体的に好物が独特というか・・・何故にチョイスしたのか不思議で
とりあえず女子力の低そうな味覚のヒロインが集まっています。

そんなファンタジー味覚設定はサブキャラにも拡散しており、
ビスキュイ・ワカメパン・トマトジュース等、何の意味もなければ、なんとなく残念な気分になる好物が多いです。

そして男性キャラデザインの気合の無さも尋常ではないです。

色々あって一番気になるのは、ストーリーでは全く匂わせないのに、
異能力設定があるという事実で、アルカナ的な感じでしょうか?

作品HPの「ピックアップ」を読んでいると、舞台は細かく切り分けられており、色々な場所が存在しているのですが
ここで「桜雲学園」を見てみると、「アーケン」が1万人以上いる学生のIDカードということが分かり
週末には1000以上の部活が「アーケン」の大規模部活戦があるという事が分かります。
何故にストーリーで紹介しないのでしょうか。

なんか不思議な感性の作品だなーと作品HPを彷徨っていると・・・あるじゃないですかキラーコンテンツが。
「ダウンロード」の主題歌はイントロ~前奏が良い感じなのですが、
個人的に「NANA」ボーカルの包容力が活かされていない歌い方になっているのと、
サビ部分は、サウンドの盛り上がりに欠けるので、ジャストミートには至りませんでしたが
サウンドでは、全10曲の作品BGMが公開されており

マリオ64の水中ステージみたいな「Title of the ALIA」
出会いと別れの朝を迎え、それでも一日が始まるので気持ちを切り替えて明るく過ごすようなイメージの「春風駘蕩」
デジタル音源で、戦闘前のボス会話みたいな「異能力」
「和」を感じさせる幻想的な曲調は、水に囲まれた離れ小屋に住んでる何かに会ったような「朝がすみの通学路」
休日にヒロインとデートに出掛けるような、のどかなサウンドの「桜雲台学院」
田舎町にある、錬金する工房のような「アス研へようこそ」
害のない未知の研究物に出会った時のような、FF7で似たようなのあったような気がする「Tower of Sacred library」
イントロからは予想もできない、ラスボス戦クライマックス級の神サウンド「スプレッドALIA戦」
そんなボス戦クリア後の会話で流れそうな「青き目覚め、春の絆」
最後は、キャラクターの意外な一面を見て仲良くなるシーンとかで使われそうな「さくら色の少女」

特に「スプレッドALIA戦」は後半のメイン旋律が控えめになるパートで分かりますが、個人的に好きな「闘神伝3」で
中毒性抜群のカオス&シュルツステージのイントロと同じような音源もセンス良すぎです。

新作チェックで出会ったサウンドが素晴らしかった「イノセントバレット」・「ひめごとユニオン」・「VenusBlood-GAIA」
どの作品もそうですが、サントラには作品HPで公開されている曲を超える、必殺の1曲が必ず用意されているので
これはサントラの発売が待ち遠しいのですが・・・初回特典に付属されておらず、別売りの告知もありません。
必ず買うので、是非発売してください。

【ブランド情報】
「NanaWind」はデビュー作の「ユユカナ」の評判が芳しくないのですが、
二作目となる今回は巻き返すことが出来るのでしょうか。

おっぱい超能力エロゲといえば、当ブログでも取り上げた「カミカゼエクスプローラー」が該当しますが
企画・原案の「姫ノ木 あく」氏の手掛けた個別ルートは他作品より抜きんでており、シナリオ面では高すぎる壁ですが
サウンドは既に超えているので、とりあえずサントラを発売してください。

【ライター情報】
葉月サイ 氏:今作の企画ライターで、前作「ユユカナ」でも企画者。「ルナsystem」という同人サークルで活動歴あり。
大阪ゲノム 氏:なぜ「つるみく」に所属しなかったのか気になる、ニューカマー。過去作なし。
他:謎



妹ヘヴン
タイトル:妹ヘヴン~お兄ちゃん大好きな妹たちと甘えまくり攻めまくりエッチ生活
ブランド:ハピエス
ジャンル:肉食系妹抜きゲーADV
公式サイト:http://www.happies-game.com/
価格:3,580円(抱きまくらカバー同梱)
予想得点:点~点
【ヒゲトニオ考察】
妹が天国にいくような話ではなく、妹の極楽みたいな意味のヘブンっぽいです。
安価な抜きゲーらしく、馴れ初めの展開はなく、既にヘブン状態でスタートするようですが
キャラクター紹介のヒロインは、ロープライスの割にアニメ調で可愛く描かれていますが、
なんか構図のせいか、やたら巨大に見えます。

そんなことは置いといて、気になるのは抱き枕カバー付きということを推していますが
そもそも抱き枕カバーの相場を知らないので、調べてみたところ
キャラクターモノは、どれも5000円~9500円の超ド級の価格で、クッソ高いです。
「ピーチスキン」という安価な材質であれば、2500円程度で現実的ですが、添い寝には向かないようです。

ということは逆算してみると、作品自体のクオリティーは1000円程度ということでしょうか?
そう考えると、ロープライス抜きゲーの中でもトップクラスの安価作品になりますが・・・

採算度外視の特典を用意して、ブランドがヘブンに行ってしまわないか心配になってきました。

<参考サイト>
二次元キャラ抱き枕カバーの選び方や購入方法(初心者向け)

それにしても美少女業界では、社会現象となっている抱き枕商戦ですが
この製品による2.5次元の世界を初めて実現した人は、美少女業界でノーベル賞並みの扱いなのでしょうか?

後は発売一週間前なのに、「ダウンロード」と「スペシャル」の項目が未公開で
主題歌やら謎に包まれています。

やはり「ハピエス」はヘブン手前なのかもしれません。

【ブランド情報】
色々と謎に包まれている「ハピエス」ですが、今作がデビュー作のようです。
最初は試行錯誤なのかもしれませんが、他ブランドとのコネを作って他社作品と商法を研究したほうが良いような?

企画・監督を担当している、「裏葉」氏は「とらいあんぐる!」という同人サークルで実績があり
同人サークルながらもHPは気合が入っており、かなり凄い人っぽいですが・・・

【ライター情報】
えじむら 氏:ゲーム性のある作品に定評のある同人サークル「玉藻スタジオ」でHシナリオ等を担当。
おむつ 氏:同人サークルで活動実績あり



『英雄*戦姫』GOLDを応援しています!
タイトル:英雄*戦姫GOLD
ブランド:天狐
ジャンル:美少女英雄に囲まれて世界を征服する地域制圧型シミュレーション
公式サイト:
価格:9,800円(税込10,290円)
予想得点:70点~80点
【ヒゲトニオ考察】
歴史上の偉人を女の子にして、総勢80名以上が登場する地域制圧型シミュレーションらしく
卑弥呼に始まり神話やらも取り入れて、なんか有名な人ばかりです。
なぜか「真剣に私に恋しなさい」のヒロインもゲスト参戦するらしく、
ゲストデザイナーは「ぽよよんロック」を筆頭に多数参加しており、原画家と声優に凄い予算を割いている気がします。

メインの原画家の特徴は柔らかいタッチで、清潔感のある印象の絵柄なので
原画家好きのファンは、多くのヒロインが見れるので絵師買いもありそうな予感がします。

各勢力は世界地図で記されており、現代的な特徴の地域もあれば
アトランティス・ウルク・バビロニア・アステカ・インカ等の歴史的な地域もありますが
とりあえずロシアとオーストラリアは怒っていいと思います。

【ブランド情報】
「天狐」とは一体・・・後日、編集予定

【ライター情報】
六花梨花 氏:とは一体・・・後日、編集予定
きつねさん 氏?:とは一体・・・後日、編集予定



Endless Dungeon
タイトル:Endless Dungeon
ブランド:Rosebleu
ジャンル:過去から今を、未来へ繋ぐADV
公式サイト:http://www.rosebleu.jp/product/ed/
価格:8,800円(税抜)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
Tiny Dungeonシリーズの続編らしく、魔界・竜界・神界・人界という
4つの世界が交わる場所に作られた学園「トリニティ」で、3つの未来を選択できる運命に選ばれた主人公が
最終的に何も選ばない続編のようです。

そんな中、破滅的な戦争の発端となって忌み嫌われているはずの人族の少女がブーイングを浴びせられながら
トリニティに入学してみると、既に事件は解決していてイージーモードから始まるストーリーで

前作から派生した新設定などを引っさげているようですが、全ての種族の特徴を持つ第五種族とか
未来からきたとか、ファンタジーを超えたカオスな設定となっているようです。

複数の原画家で描かれるヒロインの紹介文とか完全に「遊戯王ファイブディーズ」のシンクロ召喚の台詞ですが、
スタッフの好みでしょうか。
最近だとニコニコ動画の、ゆっくり実況で俄然注目度を集めたのも記憶に新しいです。

初回特典にはシリーズ恒例らしい「オペラ=ハウス」による前作の実況プレイがファンディスクとして付いているらしく
ブランド曰く、超オススメとのこと。

【ブランド情報】
「Rosebleu」とは一体・・・後日、編集予定

【ライター情報】
あごバリア 氏:とは一体・・・後日、編集予定



ANIM「虐襲5」を応援中!
タイトル:虐襲5
ブランド:ANIM
ジャンル:気高い女戦士を辱めるAVG
公式サイト:http://www.hs-crowd.co.jp/anim/product/pro_pc/pc035/top.html
価格:8,800円(税込 9,240円)
予想得点:55点~65点
【ヒゲトニオ考察】
シリーズ5作目となる本作は、「勧悪懲善(勧善懲悪の逆)」による
「女戦士への復讐と屈服」と「触手での陥落」に重点を置いた原点回帰らしく
他では味わえない苛烈な暴虐、 そして艶めかしいシーン描写を売り出しており
単なるハードエロスではなく、 シリーズならではのストーリー性のあるドラマ展開と、
ヒロインが抵抗し続け、 クライマックスで劇的に堕ちるという、
シリーズの特徴であるラストでのドラマティックな完堕ちを楽しめるらしいです。

これまでとは違い、主人公がゲス要員らしいので同情の余地もない
シンプルな抜きゲーを目指しているようです。

システム面はフローチャートや、使用した触手・アイテムのワード機能等に加えて
珍しくルビ機能が採用されている点が素敵です。

これも珍しく鬼畜抜きゲー作品なのに、ヒゲトニオでも分かるエロゲ声優の「民安ともえ」が出演しており
個人的には「オホーオホー」とゴリラのような喘ぎ声があるのではないかと予想しています。

また、シチュエーションや触手の種類を一般公募から採用しており
熱き職人触人達による壮絶な妄想合戦が繰り広げられていたようです。

「STORY」の「触手・蟲ノ書」だけでも見る価値はあるかと思います。

最後に、購入者には作品の楽しさが増すアペンドディスクも同梱されているようですが
発売3日前なのに内容が未公開というのは、如何なものかと。

主題歌は未公開ですが、メインテーマの「創世のディアーナ」は
KONAMIの名作「悪魔城ドラキュラ」シリーズとかで流れてそうな良質のサウンドでした。

【ブランド情報】
ANIM:後日編集予定

【ライター情報】
酒井童人 氏:後日編集予定



2014年3月ノーバナー
タイトル:くのいちが如く-脱がせ!爆乳ニンジャーズ!-
ブランド:牛乳戦車
ジャンル:爆乳くノ一バトル
公式サイト:http://gyunyusensha.sakura.ne.jp/kunoichi/index.html
価格:8,800円(税別)
予想得点:50点~60点
【ヒゲトニオ考察】
ストーリー紹介はファミコンソフトの裏に書いてある説明文ぐらい簡素で
ゲーム画面はドリームキャスト級のクオリティーで
アクション要素も薄く、何故に3Dアクションで発売したのか謎の作品。

必要スペックが特別高いわけでもなく、大丈夫なんでしょうか。
発売三日前なのに、作品HPにある「操作指南」の次回更新内容が未更新なのですが、大丈夫なんでしょうか。

デモムービー2:03ぐらいの必殺BGMは良い感じでしたが・・・
主題歌は謎です。

【ブランド情報】
牛乳戦車:後日編集予定

【ライター情報】
廣瀬一貴 氏:後日編集予定



ALcot『Clover Day's』応援中!
タイトル:Clover Day’s
ブランド:ALcot
ジャンル:双子の女の子とイチャラブする現代学園ADV
公式サイト:http://www.alcot.biz/product/cld/index.html
価格:9,400円+税
予想得点:70点~80点
【ブランドの本気】に注目!
【ヒゲトニオ考察】
「Alcot」創立10周年記念となる本作は、原画家・声優・シナリオ・ボーカルに「ALcot」お馴染みのメンツに加えて
ニューカマーも参加しており、超真面目な内容に仕上がっているようなので、逆に違和感があります。
作品HPを見ていても、悪ノリは一切ございません。

ストーリーは、パワプロシリーズでも屈指の名曲「Catch Up Dream! 」の歌詞みたいですが
孤児だった主人公は海外で育ち、日本人の養子となり日本に戻ってきたものの
日本語が喋れないので苦労していていたようですが、友人に支えられ時が経ち
海外に居た頃の友人と再開してクローバーデイズが始まるらしいです。

OPムービーは爽やかな内容で、「双子×双子×双子が織り成す家族の物語」ということで
現実的な世界観と相まって、ヒューマンドラマがメインの内容だと予想されます。

また、逆転ホームラン系ブランド「FAVORITE」の
新作「アストラエアの白き永遠」ガル・ヴィンランドは登場するのでしょうか!?とコラボしており
ダブル購入で「仁村有志 氏&司田カズヒロ 氏によるコラボレーション描き下ろし色紙」が当たるかもしれないキャンペーンは
両ブランドのファンからすれば垂涎モノの超レアファンアイテムです。

また、予約特典でHシーンが追加されるダウンロードコードを配布したり
購入特典も店舗別で豊富に用意されており、調べてみたところ
ソフマップ:描き下ろし鷹倉 杏璃B2タペストリー、描き下ろし鷹倉 杏璃B2タペストリー、
      特製ボーカルCD「Clover Heart's -Re:product mix- / fripSide」
とらのあな:描き下ろしSDキャラシールセット(ビックリマンっぽい)
オフィシャル通販:仁村有志 氏の描き下ろしシークレット色紙(シークレットなので未公開)

上記3店舗のどれかがオススメです。

これだけの内容で税込9,870円は安い!と思った方は、既に感覚が麻痺していますが
「くのいちが如く-脱がせ!爆乳ニンジャーズ!」と比較したら安いと思ってしまう「ALcot」マジック。

そして「Alcot」といえば必殺の1曲を大事な場面で主題歌アレンジとして流す傾向ですが
作風と主題歌的に、そういった熱い演出は期待できなさそうですが、果たして・・・
「鬼ごっこ」の「百花繚乱」、「中の人などいない」の「Shining soul」みたいな名曲に期待しています。

【ブランド情報】
「ALcot」:後日編集予定

【ライター情報】
空下 元 氏:後日編集予定
宮蔵 氏:後日編集予定
瀬尾順 氏:後日編集予定
保住圭 氏:後日編集予定



PULLTOP LATTE『恋する夏のラストリゾート』
タイトル:恋する夏のラストリゾート
ブランド:PULLTOP LATTE
ジャンル:ADV
公式サイト:
価格:8,800円(税抜き)
予想得点:65点~75点
【ヒゲトニオ考察】
むっちゃくちゃ春の時期なのに、夏が舞台とは・・・季節を先取りのような?

ストーリーは、ヒロインを助けてバイトをクビになった主人公が、逆にヒロインに助けられて南の島でバイトする話で
従業員は女の子だけという、非常にエロゲっぽい設定ですが、キャラクターデザインも非常にエロゲっぽく
なんというか、これぞ量産型エロゲ!という印象が強いです。

スペシャルには「羽海と恋する夏の立て看板写真館」という真夏日を通り越した熱い企画があり
コミックマーケット終了後に、自宅まで送られるヒロインの看板と二人で過ごした熱い夏の思い出を写真に収めてこいという、
酒が入っててもノーセンキューな地獄の企画で、なんと去年の夏に実施されたようです。

ということは延期に延期を重ねて今回の発売に至ったのでしょうか。
作品は夏ですが、プレイヤーの熱は冬になっていないか心配です。

購入者には「日焼け全裸パッチ」と「イチャラブHシーン追加」のシリアルコードがプレゼントされる企画もあり
どちらかというと抜きゲーではないものの、抜き比重が強めっぽいです。

さらに発売日にアペンドディスクを同時発売するという驚きの商法を採用しており
内容は、サウンドトラック・Hシーン・壁紙・シチュエーションボイスで3800円とのこと。
同時発売で猛将伝を発売するなら、もう少しサウンドとかも公開してほしいのですが・・・


【ブランド情報】
「PULLTOP LATTE」は友人Kにトラウマを植え付けたクレイジー作品「彼女と俺と恋人と。」という作品があり
今回で二作目ですが、作品傾向としては純愛イチャラブゲーという感じです。

【ライター情報】
樹原新 氏:有名ブランドの有名作品のサブ参加が多く、今回のメインライター。
温泉大祐 氏:デビューしたての新人さんでしょうか。「Festival」という同人サークルの「魂々」以外は今年デビュー?
相良中通 氏:同じくデビューしたての新人さんっぽい。



2014年3月ノーバナー
タイトル:心壊少女 ~僕は彼女が×××されるのを目撃した~
ブランド:黒鳥
ジャンル:?
公式サイト:http://www.swaneye.com/kokuchou/sinkai/main.html#gra
価格:パッケージ版8800円+税
予想得点:50点~60点
【ヒゲトニオ考察】
暗く深い絶望の中を深海に例えて「心懷少女」とは良いネーミングセンスです。

とことん【不幸】に。とことん【鬱】に。とことん【えげつなく】。
心を病み壊れてしまった少女との物語らしく

何を思ってこんな作品を作ろうと思ったのでしょうか。

キャラクターデザインは一昔前のような感じで、ヒゲトニオ的には問題ないのですが
メインヒロインがレイプ目+眼帯+何故かアホ毛という、スタッフのささやかな抵抗が見えます。

サンプルCGも、とりあえずテンションの下がるCGばかりで
このゲームはプレイしていて楽しいのでしょうか・・・

最後には救われると信じたいところですが、個人的に鬱ゲーは苦手です。

予約特典はブランド恒例の「もしも○○がこんな女の子だったら」というギャグ&コメディーな内容で
そんなものより、「あまあまどろどろなオシオキ部の日常!」の逆転裁判パロディーが気になります。
こちらは系列ブランド「スワンアイ」の特典でしょうか。

【ブランド情報】
「黒鳥」はおそらく「スワン」の系列のダーク系作品担当ですが
エロゲらしいエロゲを発売しているものの、イマイチ評価は伸びておりません。
系列も含めて過去作を見てみるとKOTYエロゲ版にノミネートした作品もチラホラ・・・

【ライター情報】
月待兎 氏:「スワン」系列の作品で非常に数多くのシナリオを手がけるお馴染みのシナリオライター。



3Ping Lovers!☆一夫二妻の世界へようこそ♪ 600px×120px
タイトル:3Ping Lovers!☆一夫二妻の世界へようこそ♪
ブランド:裸足少女
ジャンル:3PハーレムAVG
公式サイト:http://hadashi.product.co.jp/3ping/index.html
価格:税抜\8,800(パッケージ版) 税抜\7,500(ダウンロード版)
予想得点:70点~80点
【ヒゲトニオ考察】
何の取り柄もない冴えないペルソナ4のシスコン番長みたいな主人公が
抜きゲーのご都合設定でファンタジー世界に召喚され、趣味の歴史小説で培った戦略を活かして
作戦家として活躍する話。

特徴的なのは原画家別にペアのヒロインルートが用意されており
戦闘中に装備が壊れていく脱衣バトルやら一部のHシーンでアニメーションだとか搭載されているようですが
脱衣シーンをスキップしないでバトルをプレイすれば、ヒロインの好感度が上がることもあるらしく
ED条件次第ではスキップできない可能性もある苦行の可能性があります。

主題歌は「KOTOKO」が参加しており、「蒼-iconoclast」や「Face of Fact」みたいな曲を期待していましたが
曲名が『そのハート、危険物につき取り扱いChuハートマーク意!!』 ということで、これヒゲトニオ的にあかんやつや・・・

【ブランド情報】
抜きゲーとして一定の評価を得る「裸足少女」は人材を募集しており
経験の有無は問いません(ただし、一般常識と責任感は必要です。)
採用形態は基本的に、外注もしくは契約社員。在宅勤務でお仕事を行っていただきます。とのこと
シナリオライター志望者には「所用時間」の明記も要求しているので、過去に苦い経験があるようです。
後、珍しくブランドHPにBBSが設置されており、プレイヤーとの距離の近さもフレンドリーで好感が持てます。

【ライター情報】
ギハラ 氏:様々なブランドのシナリオを担当しており評価も上々。「戯画」の新作もメインで参加予定
間崎俊介 氏:参加作品は少ないものの「アトリエかぐや」の作品に参加歴があり、参加作品の評価は良い感じ。
水越ナゴ 氏:「裸足少女」の新人ライターっぽい。



その花びらにくちづけを 天使たちの約束
タイトル:その花びらにくちづけを 天使たちの約束
ブランド:ゆりんゆりん
ジャンル:ゆりんゆりんADV?
公式サイト:http://yurinyurin.com/tenshitatinoyakusoku/index.html
価格:2,500円(税別)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
お節介な主人公(女性)がドSで孤立しがちなヒロイン(女性)とイチャイチャする「ゆりんゆりんADV。」

とにかく「ゆりんゆりん」しており、なんというかもう「ゆりんゆりん」しており
主題歌は聴いていると、イラっとします。

もう書くことがありません・・・

【ブランド情報】
百合ゲーといえば「ゆりんゆりん」という一貫したスタイルで属性一致のプレイヤーから絶大な支持を得ており
「その花びらにくちづけを」シリーズは凄く評価が高いです。
姉妹ブランドは「ろりんろりん」とか「グロングロン」とか、「うつんうつん」とか「なきんなきん」とかでしょうか。
キャッチーで汎用性の高いブランド名は素敵です。

【ライター情報】
円まどか 氏:「工画堂スタジオ」の非18禁作品から「八咫烏」の「星彩のレゾナンス」を経て「ゆりんゆりん」作品へ



涼乃バナー
タイトル:常夏姉妹サンド
ブランド:アトリエかぐや Gassa-Q
ジャンル:超絶ブラコン姉妹と白濁バカンスAVG
公式サイト:http://www.a-kaguya.com/products_GQ/tokonatsu/top.html
価格:本体価格8800円+ 税
予想得点:65点~75点
【ヒゲトニオ考察】
これまた春満開なのに夏まっさかりで、しかも暑いのに姉妹サンドという汗疹ができないか心配になってくる作品。

たまたま当たった懸賞で南の島へバカンスにきたけど、古代遺跡の儀式装置を作動させてしまい
ラブラブエッチをしないと島から出られないという、ぶっとび設定ですが

気になるのは「パンダプア島」というネーミングで、「ぱんだぷあ」を調べてみましたが
特に分かりませんでした。

個人的には、やっぱり黒髪ロングだぜヒャッホゥ!

はい終了。

【ブランド情報】
「アトリエかぐや 」の「Gassa-Q」チームによる作品で、過去にはタイトルホイホイ作品の
『スペルマン~その復讐の膜を破れ!~』というアホゲーを生み出した開発チームのようです。
『たまはじ!-たまたまハジケル妹たち-』も上々の評価で、本数は少ないものの良チームっぽいです。

【ライター情報】
双海悠 氏:「アトリエかぐや」の複数ブランドに参加するシナリオライターですが、「Digital Cute」作品にも参加。
華田久作 氏:「アトリエかぐや」の「Gassa-Q」に所属するシナリオライター。
他:知らん



ドコのドナタの感情経路
タイトル:ドコのドナタの感情経路(ルート)
ブランド:ad:lib
ジャンル:お伽話系青春ラブコメADV
公式サイト:http://www.adlib-software.com/dokodona/
価格:9,240円 (税込)
予想得点:70点~80点
【ヒゲトニオ考察】
かぐや姫の息子である主人公が、前世でかぐや姫に振られた過去を持つヒロインに言い寄られるけど
他にも沢山いて、スタッフからも積年の怨念扱いされる話。

エロゲというよりアニメ調のグラフィックが印象的で、
サブキャラも同様のクオリティーで、凄く良い感じです。

ボーカル曲も多数公開しており、全体的に良質な曲が多く
なんか全体的に安定感のありそうな作品です。

【ブランド情報】
そんな作品を生み出す「ad:lib」は、さぞかし強豪ブランドなのかと思いきや
今回で3作目となる駆け出しブランドで、過去作の評価も普通。
作品を重ねて質が上がれば、ジャイアントキリングもありえそうな可能性を感じます。

【ライター情報】
後里 歩 氏:「Aries」で数多く参加されているシナリオライター。
毘沙素 氏:「ad:lib」の全作品に携わる脚本も出来るシナリオライター。




戯画『バルドスカイゼロ2』応援中!

タイトル:バルドスカイゼロ2
ブランド:戯画
ジャンル:サイバーパンクアクションADV
公式サイト:http://products.web-giga.com/bsz2/index.html
価格:9800円(税抜)
予想得点:70点~80点
【ヒゲトニオ考察】
記憶喪失の主人公が悪名高い傭兵部隊に拾われ、これまた記憶喪失の政府に追われているヒロインを助けて
何故か自分とヒロインを知っている賞金首3位に狙われる話。

仮想世界の設定やらログアウトできないヒロインやら、.hackを思い出させる内容ですが
ロボットモノということで、前作の賛否両論がハッキリしている評判を覆すことが出来るでしょうか。

なんだか同シリーズのキャラクターも参加するようですが
「戯画」を代表するシリーズとして、気持ちの良い終わりを迎えられるよう応援しています。

なんか内容的にもPS2とかで移植されていそうな印象ですが、難しいのでしょうか。

【ブランド情報】
相変わらず強豪ブランドとしての存在感を放つ「戯画」は、今年で20周年を迎え
バルドスカイゼロシリーズも完結となるようです。
既に次の新作「ハーヴェストオーバーレイ」も発売が決定しており、今後も業界を牽引する活躍に期待しましょう。

【ライター情報】
科 氏:前作に引き続きメインライター。
   参加作品は、それなりの評価を得ているもののテキストの評判はイマイチで本シリーズは大抜擢の印象。



ハロー・レディ! 応援中!
タイトル:ハロー・レディ!
ブランド:暁WORKS
ジャンル:新ノーブル学園ADV
公式サイト:http://www.akatsukiworks.com/product/hello/top.html
価格:8800円(税込9240円)
予想得点:70点~80点
【主人公】に注目!
【ヒゲトニオ考察】
新時代の優れた才能を育てる学園に招かれた海外育ちの主人公が、学園の頂点に立つ5人のヒロイン達と
時にぶつかりあい、時に力を合わせながら想いを育てるエンターテイメント作品らしく、

注目すべきは、まるでライバルキャラのような設定の主人公で
選ばれし頂点の「クラウン」と呼ばれる6人目で唯一の男性ながらも、学園を変えるために
ヒロインと敵対する立場にあるらしく、しっかりフルボイスのようです。

やたらと巨乳好きらしいので、各ヒロインにもおっぱいエピソードがありましたが
そんな主人公が抜きゲーに参加したら、どうなるのでしょうか。

OP主題歌は女性ボーカルという点以外の曲調は、非常に現代的で良い感じです。
特にイントロのギターが素敵!

珍しく体験版レビュー企画があり、是非参加したかったのですが
残念ながら終わっているようです。
また別の機会があれば積極的に参加してみます。

【ブランド情報】
「暁WORKS」は量より質の開発スタイルのブランドで、発売作品は話題性・評価が共に高く
今作も安定した作品に仕上がっていると予想されます。

【ライター情報】
日野亘 氏:本作だけでなく「暁WORKS」の「るいは智を呼ぶ」・「コミュ -黒い竜と優しい王国-」の企画・原案・メイン。



ひこうき雲の向こう側自作バナー
タイトル:ひこうき雲の向こう側
ブランド:FLAT
ジャンル:ドタバタ学園ラブコメディー
公式サイト:http://flat-software2.com/HIKOUKI/index.html
価格:9,240円(税込)
予想得点:70点~80点
【ヒゲトニオ考察】
主人公がヒロインの一人から告白されるところからスタートするらしいのですが
ありそうで意外と少ない始まり方です。

キャラクターデザインは一昔前から今も受け入れられているという印象のセンスで手堅いです。
サブキャラも多く、なんというか全体的に王道恋愛エロゲって感じでしょうか。

公式サイトで公開されている情報が少なく、非常に読み取りづらく
閉鎖空間サバイバル系ADVに定評のある「FLAT」らしからぬ内容ですが
きっと内容も手堅いのでしょう。

【ブランド情報】
「FLAT」といえば「シークレットゲーム」シリーズなのですが、
すごく普通の恋愛ADVの本作は珍しく、同ブランドでは異色の作品。
本作は新しい人気シリーズというより、息抜きの単発作品という印象です。

【ライター情報】
さかき傘 氏:「つよきす3学期」・「辻堂さんの純愛ロード」とツンデレ作品の代表格。
       でも本作にツンデレっぽいのは居ません。



【ももいろ性癖開放宣言!】2014年03月28日発売予定!!
タイトル:ももいろ性癖開放宣言!
ブランド:softhouse-seal GRANDEE
ジャンル:彼女達が徐々にあられもない姿を顕にしていくADV
公式サイト:http://softhouse-seal.com/product/g-007/index.html
価格:¥ 9,936(税込)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
世界でも有数のエロエロアダルト大国になった日本を舞台に、
文部科学省でこの世で一番エロイ人と認定された主人公が講師兼学生となって
性に関して問題児のヒロイン達を一人前のセクサーに育てる話らしいのですが、

作品HPも確信犯のツッコミどころばかりなので、割愛しますが
見所は各ヒロインの性癖開放!と、発売日を過ぎても近日公開予定のままで放置されているHアニメーションで
恒例の立ち絵変更パッチは、旬の作品「艦これ」ネタのようです。

こういったバカゲーのシナリオは自由度が高そうで書きやすそうですね。
ただ酒に酔ってない素面のテンションで書けるものなのでしょうか。
やはりプロは凄いです。

【ブランド情報】
「softhouse-seal GRANDEE」は「seal」系列の中でも、良質な抜きゲーを作り上げる主力ブランドで
今回からはアニメーションが凄いらしいのですが、自分の中で比較対象が少なく、いまいち分かりませんでした。

【ライター情報】
leimonZ(礼門Z)氏:「Norn」、「D:drive.」、「アトリエかぐや」等の抜きゲーに多数参加しており
        「礼門屋」という同人活動歴あり。
須々木鮎尾 氏:様々な抜きゲーに参加歴があり、非常に多くの作品でシナリオを書いているようです。



『らぶらぶらいふ』情報ページ公開中!
タイトル:らぶらぶらいふ~お嬢様7人とラブラブハーレム生活~
ブランド:ぱじゃまエクスタシー
ジャンル:?
公式サイト:http://www.pajamas.ne.jp/lovelovelife/index.html
価格:税別価格 8,800円(+TAX)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
本作は開幕からハーレムルートなのですが、ファンディスクではありません。
これは新しい試みですが・・・しっかり個別ルート・ハーレムルート・複数EDと用意されており
ヒロインも計7人(双子含む)の6ルートがあり、ボリュームは凄そうですが・・・
各ルートの厚みが気になるところです。

原画家3人で描かれるヒロインの3サイズと、イベントCGはHシーンのみ公開しており、サブキャラも公開されず
これから導かれる答えは・・・抜きゲーか!
ただの抜きゲーではなく、イチャラブ系の個別ルートを重視した内容でしょうか、色々ありますねぇ。

主題歌は元flip sideのnaoとsolfaのタッグで、まるでDual tailの新作みたいですが
抜群の作曲力はinstが聴きたくなる主題歌です。

残念ながらゲーム中のBGMは未公開ですが
大丈夫、solfaの作曲だよ。

意外と公開されている情報が少ないと思いきや、イベントシーンなのかドラマCDの没ネタなのか
選ばれたヒロイン2名のショートエピソードが公開されており、これも珍しいです。

【ブランド情報】
「ぱじゃまエクスタシー」は「ぱじゃま」系列の姉妹ブランドと思われますが
今作で2本目となります。
方針はイチャラブ抜きゲーのように見えますが・・・
方向性が固まるまでは要チェックです。

【ライター情報】
小林教 氏:参加作品は少ないものの、評判は普通。
坂元星日 氏:サブシナリオライターで多数参加。参加作品のは余り良くない。
児玉新一郎 氏:参加作品も少なく、作品の評判もイマイチ。



りとるドSびっち ~せんせーのコト、いぢめてア・ゲ・ル~
タイトル:りとるドSびっち
ブランド:エレクトリップ
ジャンル:AVG
公式サイト:http://erectlip.amuse-c.jp/product13.html
価格: パッケージ版:¥3,400- (税別) ダウンロード版:¥2,800- (税別)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
ロリコンでドMホイホイな本作ですが、特筆すべきは驚きの商法を採用しており
本体価格は2,800円~3,400円のロープライス抜きゲーなのですが

パッケージ版+9,600円で数量限定「描きおろし抱き枕カバー」セットが13,000円
更にオフィシャル通販なら「ゲストイラストラフ原画集」+「描きおろしエロマンガ小冊子」+「特性ブロマイド」が付属。
そして更に更に通常のオフィシャル通販に加えて!

りとるドSびっち:ゲーム本体+ブロマイド+特典漫画+ゲストラフ冊子+抱き枕カバー
りとる†びっち:ゲーム本体+ブロマイド+女児ぱんつ+抱き枕カバー(復刻改良ver)
りとる天使:ゲーム本体+ブロマイド+特典漫画+イラスト+設定小冊子+抱き枕カバー

即日完売となったあの幻の「りとる†びっち抱き枕カバー」を国内生産2wayトリコットにて復刻!

本来なら総額38,000円相当の充実した超大ボリュームの内容を
今回限りで26,000円の採算度外視!ご奉仕価格にて!数量限定販売!!!

ソシャゲだって、ここまであざとい商売はしねぇ!
エレクトリップによる消費者へのメイドインヘブン商法は、ブランドがゴートゥーヘルしないか目が離せません!

【ブランド情報】
「エレクトリップ」は特典の不動在庫が溜まっているんでしょうか、それともストレスが溜まっているんでしょうか。
低安価商法にメスを入れる課金の如き、抱き合わせ商法を生み出し、これが流行ると消費者の財布がマッハです。
過去作を調べていると、特に評判が良いわけでもなく
「豚の如き山賊に捕らわれて処女を奪われる巨乳姫騎士&女戦士 ~絶対チ●ポなんかに負けたりしない!!~」という
サブタイトルでも長すぎて、命名を躊躇われる作品を発売しており、
色々と限界に挑戦してエロゲ界のチャレンジャーとでも呼ばれているのでしょうか。

【ライター情報】
HAIN(井川立、ともさかみえ、猫乃烏、八咫烏、クロウ、七咫乃烏):エレクトリップ定番のライター軍団?



恋愛まで選択肢ひとつ 2014年3月28日発売!
タイトル:恋愛まで選択肢ひとつ
ブランド:脳内彼女
ジャンル:いつの間にか始まっていた恋愛AVG
公式サイト:http://www.noukano.com/koisen/
価格:8,800円(税別)
予想得点:60点~70点
【ヒゲトニオ考察】
作品HPに訪問した途端、「これはヒロイン不在の物語」と告げられ
トップページには「女装キャラ不在の未登場に関するお詫び」があり、
本作の担当ディレクターがガチ謝罪文を公開しています。

全国のアルピニスト(脳内彼女のファン)から尋常ならざるクレームでもあったのでしょうか。
冒頭のヒロイン不在という告知と相まって、とても普通じゃない雰囲気を醸し出している作品ですが

脳内彼女の選択肢ひとつ(女装)からの脱却を許さないファンとの、長く険しい戦いは始まったばかりです。

あ、主題歌のチップチューンっぽいイントロだけは良い感じでした。

【ブランド情報】
さて気になる「脳内彼女」の作品タイトルですが、概ね評判は良好で
特に「女装山脈」は美少女ゲームアワード話題賞の金賞を受賞しているらしく、
サブタイトルも「男と男の娘はHできるんだよADV」とか「しつこいようですが、男と男の娘はHできるんだよAVG」とか。
本作の作品HPも開いた瞬間に「ヒロイン不在」という内容から、そうか男の娘ゲーか!と
ワクワクしたファンの期待を裏切る形となり、今回の謝罪に至ったのかと予想されますが

もし刃牙(特に後半)とかハンターハンターとか福本漫画を読んでいたら鍛えられていたかもしれませんが
これはこれでガチすぎる愛ゆえに・・・なので南斗鳳凰拳のサウザーみたいなプレイヤーが居たのでしょうか。

サウザー
みたいな。

山岸由花子
みたいな。

そりゃ金爆がパフォーマンスしなかったり、ゆずがデスメタルなんて歌いだしたらファンは悲しみますよね。
ヒゲトニオもペルソナ3で同じような気分を味わいました。

【ライター情報】
西田一 氏:「脳内彼女」の立ち上げからシナリオを書き続ける超メインライター。
芳井一 氏:「脳内彼女」の有名作品には結構参加しているメインライター。
生田あわる 氏:同人サークルからプロデビューした立志者



2014年3月ノーバナー
タイトル:私たち・花のオシオキ部!
ブランド:スワンアイ
ジャンル:?
公式サイト:http://www.swaneye.com/swaneye/osiokibu/index.html
価格:パッケージ版8800円+税 ダウンロード版:6995円
予想得点:65点~75点
【ヒゲトニオ考察】
最後に紹介するのは「スワンアイ」の最新作。

学園の悪を裁くオシオキ部を設立されたけど、ヒロインは優秀だけど気弱で人見知りなので
代わりに主人公が実行部隊として、オシオキする話のようですが、

それが何で抜きゲーになるのでしょうか。
個人的には主人公も最後にオシオキされるオチが待っているような気がしますが・・・

価格はフルプライス並ですが、如何せん作品HPの内容がミドルプライス以下なので
情報が少なく、エロゲ版の時代劇みたいな感じなのでしょうか。

黒鳥の新作でも先述したように
特典CDの「あまあまどろどろなオシオキ部の日常!」の逆転裁判パロディーが気になります。

【ブランド情報】
「スワンアイ」は低安価抜きゲーブランド「スワン」の姉妹ブランドで、
過去にはKOTYエロゲ版にもノミネートする作品を発売しており
全体的に評価も良くありません。
個人的にはノリは好きなのですが、今後に期待しましょう。

【ライター情報】
氷角砂糖:他作品の情報が全くない謎のシナリオライター。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。